柚子すき毎日

本と雲と雨と柚子と冬がすき。
主に本について書いています。本の内容もところどころでばらしています。
最近パソコンに向えなくてTBのお返しはしばらく出来そうもありません。コメントへの返事も遅れてて。本当にごめんなさい。
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
LATEST ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
Now Reading
Visitor
LINKS
My Blog List
PROFILE
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | 

「チョコレートコスモス」

チョコレートコスモス
チョコレートコスモス
恩田 陸

ぐるりぐるり
最後から最初へ

行き詰っていた神谷はある日不思議な少女を見つける
とにかく人の雰囲気を真似るのが上手なのだ
この話は一般に天才とよばれる2人の女の話

読み終わった昨日
ちょうどフラの発表会だった
私にとっては初めての舞台
ライトがあたって音楽が流れて
−なんて楽しいんだろう
 顔が勝手に笑顔になる もっともっと踊りたい!
この向こうに何があるのか
知りたい!行きたい!
もっともっと!!
もしかすると飛鳥もこんな気持ちだったのだろうか?

フラもいけばなもお金や時間やいろいろあってなかなか習えなかった
フラは1年。生け花は9年
習いたいと思ってから先生に着くまで恋焦がれてた時間
だからこそだと思う
響子が大阪から東京に駆け出した時の気持ち
とてもわかる
なんでも簡単に手に入る環境はとても素敵だと思う。けれどそれを掴みたいと手に入れたいと思える環境はもっと素敵だと私は思う
苦しいだろうし他の人を羨ましいと思うだろうけどきっときっと手に入れたときの喜びと手に入れるために動いた必死さはそれがなかったら手に入らなかった
響子の喜びと苦しみと
飛鳥のあの舞台に立ちたいと恋焦がれた思い

苦しみは楽しむために
楽しみは苦しむために
私はあると思う

読書(あ行):恩田 陸 | comments(0) | trackbacks(2) | 

「蒲公英草紙―常野物語」

蒲公英草紙―常野物語
蒲公英草紙―常野物語
恩田 陸

「やごって大きくなったらなんなるん?」
「え〜、」
自転車でさーっと私を追い抜いていった女の子たち。
中学生かな。あどけなさと女の顔をあわせもつ彼女たち。
聡子と峰子がこの時代に生き暮らしていたならこんな会話をしてたかもなぁと思うとすぅーっと思いが空にあがった。

私たちはどこにいくんだろう。
今、本当に幸せなのだろうか?
あの時求めた幸せって?
最後の問いかけに今「イエス」と言い切る自信が私にはない。
時代は繰り返す。何度も何度も繰り返してるはずなのになんでまた同じことを繰り返すんだろう・・・

昭和初期の東北のある村に住む峰子は病弱で学校に通えない槙村聡子の話相
手になる。槇村の家にはいろんな客人が訪ねて、そして住んでいる。西洋画家の椎名や仏師の永慶。そして春田家の人。

聡子を描く二人。椎名は内面を引き出し現在を描く。永慶は見守るように過去や未来を描く。どちらも素敵な男性。ふと、思った。夫はどっちだろう?

聡子に特殊な能力が見え隠れし、特殊な能力を持つ春田家が訪ねてくる。
彼らは旅の人々。一定の箇所にとどまらず生きていく。槇村家にはこの一族「常野」の人に助けられた恩があった。

明るく晴れ渡る青空とたんぽぽの世界に少しづつ雲が広がる。少しづつ少しづつ。ゆっくりと。

ちょうど実家の田植えの手伝いの合間を縫って読んでいたのであぜみちを通るたびに峰子や聡子のことを思い出しました。「あぜみち」って「畔道」って書くんですね。漢字がとてもかわいい。大きくてひろーい土地(田)を文字通り半分に分けるみたいで。畔道を走り回っていた私はよーく祖母に畔の大切さをとくとくとくと語られてました。意味がさっぱり分からなかった子供時代。

20代前半の私はまさしく新太郎さんだった。一本気で自分は絶対に正しかった。自分の良いと思うものはみんなに勧めたし悪いと思うものは許せなかった。自分の進む道に迷いがなかった。たぶん、私もお国のために死ねただろう。愛する誰かが居て欲しいと泣いて望んでも戦争に突き進んだと思う。自分の信じる道は他の人が信じる道だと信じてた。自分の言動が誰かを傷つけてるなんて考えもしなかった。人に平気で自慢したし愚痴ったし忙しいって平気で人を待たせて待ってられない人をばっさばっさと切り捨てられた。
自分中心に世界が回ってた。自己満足な優しさ。

今の私は迷いに迷ってる。
まっすぐな道を開けない。
傷つきやすくなった。臆病になった。
不安で今にも倒れそうで

けれどすこーし丸くなれた気がする。

人はひとりじゃない。
絶対に誰かの影響を受け、受けさせている。
たとえひとりで家の中にいたとしても。
無人島でも植物や動物に影響を受けるんじゃないかな。
常野の人の能力は特殊だけど特殊じゃない。
きっとみんな「しまえる」人なんじゃないかと思う。
いろんないろんなところを寄せ集めたのが私。

わたしはあなたなんだよ。たぶん。
読書(あ行):恩田 陸 | comments(2) | trackbacks(3) | 

「ドミノ」

ドミノ
ドミノ
恩田 陸

とにかく笑いましたってれちゃう
始めは人物を覚えるのに少し手間取りましたが登場人物ひとりひとりがとても個性的。
ひとつひとつの事件がやがてまとまって、そう ドミノのように倒れていく。実際たおれるんですけどねたらーっ

これは面白かった。
読書(あ行):恩田 陸 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「夜のピクニック」

夜のピクニック
夜のピクニック
恩田 陸

よかったです。
いい作品というのはこういうものなんでしょうね。
どこがいいって言えない。全部がいいんだもん。
内容としてはただただ歩く、その間の高校生の心の中なんですけどね。
何もしない優しさという言葉にははっとさせられました。
私はまだ子供なんでしょうね。困っている人がいたら何かしてあげたいとか何かあげたいとかどちらかといえばプラスの優しさばかりのように思います。
けれど、本当に助けを求めている人は別として何もしてあげないのも優しさなんじゃないということに気付かされました。
結局何かしてあげるとかそういったのは自己満足でしかないのかなぁと。
責任もって最後までフォローできるならいいけれ自己満足のための優しさだったりその場しのぎの優しさだったらしないほうがいいと感じています。
私の高校生活はどうだったのかな。
面白みなかった気がします。本当に心を許せる人がいなかったから。作ろうとしなかった私が悪いんだろうけれど。
その分短大時代はとても楽しかったんだけどね。
読書(あ行):恩田 陸 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1/1P |