柚子すき毎日

本と雲と雨と柚子と冬がすき。
主に本について書いています。本の内容もところどころでばらしています。
最近パソコンに向えなくてTBのお返しはしばらく出来そうもありません。コメントへの返事も遅れてて。本当にごめんなさい。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
LATEST ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
Now Reading
Visitor
LINKS
My Blog List
PROFILE
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | 

「すきまのおともだち」

例えば突然違う世界に飛ばされたらどうします?
わたしだったらうろたえふさぎこんで受け入れられなくておちこんでしまうと思うんです

でも、この話の主人公はぜんっぜん落ち込まない
初めての時は戸惑ってはいるけどなんていうか全てを受け入れてるように私には感じられるんですよね。そこが素敵
すきまのおともだちもとってもすてき

本当に今を楽しむ人になろうって。
今あるもので楽しむ!
足りないもの数えたらきりがない!
なんでも考え方、見方を変えると楽しめるんだなぁって
34にもなってようやく。
あぁ〜ほんっとにわたしってまだまだお子様。

なんだって楽しまなきゃもったいないっですよね



 

読書(あ行):江國 香織 | comments(2) | trackbacks(1) | 

「雨はコーラがのめない」

雨はコーラがのめない
雨はコーラがのめない
江國 香織

音楽と雨というオスのアメリカン・コッカスパニエルと江國さんの日常
音楽の歌詞(英語)がところどころに載っていて
読めないとそんをしたような気がするので夫に訳を聞きながら読んでいました
でも、最初こそ快く訳してくれてた彼もだんだんと不機嫌になって
わたしはわたしで本の世界に身を落ち着かせられなくて面白くなくなってしまった
英語がわからないってこんなに悔しいものなんですね
夫に教えてもらいながら少しづつ英語に親しむ努力をすることにします
今日の課題は「デメオ(我が家のデメキン)さんの日記」を英語で書いてみる事
彼は私たちをどんな風に見てるのかなぁ
続きを読む >>
読書(あ行):江國 香織 | comments(2) | trackbacks(0) | 

「とるにたらないものもの」

とるにたらないものもの
とるにたらないものもの
江國 香織

他人からみたらどうでもいい事や物、だけど自分にとっては大切なもの
そんなものありませんか?
「輪ゴム」とか「レモンしぼり器」とか「ピンク」とか「砂糖」とか
この本はは江國さんのそういったものものを集めたエッセイです。
えぇ??って思うものあり、わかる!って思うものあり、なかなか楽しい1冊でした。

続きを読む >>
読書(あ行):江國 香織 | comments(2) | trackbacks(0) | 

「都の子」

都の子
都の子
江國 香織

草や木。植物達が葉をいっぱい広げる季節になるとどうしようもなくうきうきしてしまう。この季節になると毎年腕や手に湿疹ができて大変なのに。
そうして葉がいっぱいいっぱいに覆い茂るとわたしはとたんに面白くなくなってしまう。
夏。もうすぐ溢れるほどの夏になる
おかしなことに同じような事を江國さんもこの本で書いているのだ
とたんにわたしは嬉しくなる。本を読んでて同じような事を考えてる人に出会う偶然。

続きを読む >>
読書(あ行):江國 香織 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「スイートリトルライズ」

スイートリトルライズ
スイートリトルライズ
江國 香織

嘘をつくのは守りたいものがあるから、そして守ろうとするものがあるから

痛くて痛くて全身が震えた
何でも隠さずに打ち明ける関係はとても素敵だと思う。でも、それで喜ぶのも打ち明けてしまうのもまだその人を心から欲してないからだと結婚して7年。夫と付き合って10年、最近やっとそのことがわかってきたような気がするんですが・・・
この「スイートリトルライズ」を結婚に憧れていた結婚前の私に読ませたらどう思うんだろう?こんな関係おかしい!って著者を嫌いになるかな?

いつもと変わらない日常を愛する瑠璃子、そしてゲームが大好きで身近な人といること苦手な夫である聡。そんな夫婦の話。言いたい事を言わない瑠璃子と聡は結婚以来ケンカをしたことがない。そんな二人がお互いにいえない秘密を持つ。

言いたいことを言わない瑠璃子もすごいですね。ご飯を食べて自分の部屋に鍵まで閉めて閉じこもってる夫に文句を言わないってすっごく不思議。自分が一番なにより大切な夫婦に見えた。関心があるのは自分の事だけなくせに相手が何で自分のことをわかってくれないんだーって駄々を捏ねてる感じ。なんていうか・・・自分のペースを乱されるのがもっとも嫌な人達なのかなぁと。その気持ちわからないでもないけれど・・・
怖かったのは私たち夫婦も以前はこんな感じだったと思うし今もまだそういった部分は絶対にあるはずだから。

夫婦と恋人
似てるようで似てないこの関係
「スイートリトルライズ」一読の価値ありますよ?
読書(あ行):江國 香織 | comments(4) | trackbacks(2) | 
 | 1/2P | >>