柚子すき毎日

本と雲と雨と柚子と冬がすき。
主に本について書いています。本の内容もところどころでばらしています。
最近パソコンに向えなくてTBのお返しはしばらく出来そうもありません。コメントへの返事も遅れてて。本当にごめんなさい。
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
LATEST ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
Now Reading
Visitor
LINKS
My Blog List
PROFILE
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | 

「東京島」

東京島
東京島
桐野 夏生

もしも自分も清子のように夫と無人島に流れ着いたら初めのうちは落ち込む夫を励ますように明るく振舞うだろう。元気に引っ張っててくれるならよし、でも清子の夫のようになりさらに自分をちやほやしてくれる男達がたくさんいればそっちに寄り添い夫に連れなくしてしまうだろう。寂しいだろうな。頼りたいのに頼れないから。
「男なんて」って馬鹿にしたいわけじゃない。男の力無しでは生きていく事も無人島から抜け出す事もできないのもわかってるから。ただ馬鹿にされたくないから馬鹿にして生きていくような気がする。
読んでいる間寂しくて自分の心の嫌な部分が、封じ込めておきたい部分が出てきてるようで読みたくない、だけど続きが気になる、かなり大変な話だった。
ほんだらけの「uririnさんはどっちがわの人間だと思いますか?」へのuririnさんの返事の意味が未読の私にはわからなかった。単純に生きるために動くホンコン側と文化を大切にするトウキョウ側のどちらかって聞いたつもりだった。読み終えて改めてuririnさんの返事に考えさせられた。確かに難しい質問かも。考えても考えてもそんな状況におかれた自分が想像できなくて。ラストの選択をする自分を想像するのさえ心が拒否していた。どちらになるか私も答えられない。
死ぬ間際にたっぷりの苺ジャムを塗ったトーストが食べたいと日記に綴っていた清子の夫。おもわずよだれが出た。それくらい強烈に食べたくさせる描写だった。
当たり前だけれど自分の人生では自分が主役だけど息子の人生では私はプロローグでしかないように本当の主人公はプリンセスとプリンスなのではとか思ったくらい今後を想像したくなる終わり方だった。
読書(か行) | comments(2) | trackbacks(3) | 

「桜川ピクニック」

桜川ピクニック
桜川ピクニック
川端 裕人

妊娠なんて普通にできるって思ってた頃は不妊治療してた友人に「そんなにしてまで子供ってほしいものかな?」と思ってた。初めての出産が間近に迫った友人に「産んだ後針で縫う時麻酔使わないから痛いんだってねー」って軽率な事を言って怒らせた
「桜川ピクニック」にはいろんなお父さん出てきます。
特に第一話の「青いウルトラマン」で他人の家の育児が間違ってる!とつっぱしる主人公を見て自分をしっかり持ってないくせに他人に中途半端にかまってた私の姿がひょこひょこ顔を出してました。
続きを読む >>
読書(か行) | comments(4) | trackbacks(2) | 

「800」

800
800
川島 誠

速く走る男の人を見ると無条件に惚れてしまう。颯爽と風を切って走っている姿、私には入り込めない場所に行ってる姿にとてもとても惚れ惚れしちゃう。「そのままどこまでも走っていけそうな気がするんだよ」走った姿はみたことなく高校生時代の思い出話を話してくれただけなのにそう話した彼のポイントはかなりアップした(笑)

2人の主人公の話口調で進む「800」陸上しかも「800m」にかける男の子の話。
中学でタバコを卒業したとかアルコールを常飲ってありえないとか思いながら読んでいました。セックス描写も結構描かれてます。大好きな彼女とできずに現実から逃げる男の子とか憧れてしまったもんだから手が出せなくなった男の子とか・・・今ならわかるけどきっと高校生の頃に読んでたら衝撃が強すぎてたかも。だって彼ができないからって他の女とセックスさせるなんて・・・そんな考えの女の人がいるなんて今でさえも衝撃が大きい。
どっちかっていうと感情優先型出たとこ勝負な私は中沢を断然応援していました。平気で女の子とっかえれるくせに2股とか平気なくせに惚れた女に手も出せない(笑)その彼女。誰かの人生変えるくらい魅力的な女に私もなりたいものだなぁ。
読書(か行) | comments(0) | trackbacks(0) | 

「カモちゃんの今日も煮え煮え」

カモちゃんの今日も煮え煮え
カモちゃんの今日も煮え煮え
鴨志田 穣, 西原 理恵子

う〜ん。やっぱり好きになれない。
夫がこのシリーズをとても気に入ってるらしいのでためしに読んでみました。
実は西原さんの漫画はあまり好きではないのですが・・。
ちょっと違うかもしれませんが「北の国から」のもっとグロイ人間くささが書かれている漫画なように思うんですよね。出来たら怖い思いとか辛い思いはしたくないし汚い部分からも目を背けたい私にはちょっと辛い漫画を書かれているような気がします。

最初は面白かった。
またベトナムに行きたいなぁと思わせてくれてたし。
うん、このままいけば面白いなぁーって他の本も読もうかと思っていたんだけど・・・
何がイヤだったかというと彼がどの人の心の中も分かっているみたいな感じの書き方だったことと人と違うことをしてるっていう自慢のように感じたことですね。

気が向いたら他のシリーズも読んでみようと思います。そうしたら少しはわかるのかなぁ????
読書(か行) | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1/1P |