柚子すき毎日

本と雲と雨と柚子と冬がすき。
主に本について書いています。本の内容もところどころでばらしています。
最近パソコンに向えなくてTBのお返しはしばらく出来そうもありません。コメントへの返事も遅れてて。本当にごめんなさい。
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
LATEST ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
Now Reading
Visitor
LINKS
My Blog List
PROFILE
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | 

「ハリーポッターと謎のプリンス」

ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)
ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)
J. K. ローリング,J. K. Rowling

自分の息子に殺されると言う予言を信じ息子を牢屋に閉じ込めそれが原因で本当に殺されて王の話。そして温室デイズ(瀬尾まい子著)で「僕はパシリにされているんじゃなくて立派なパシリになる努力をしているんだ」と言った斎藤君の言葉。校長のダンブルドアがハリーに言った言葉で思い出しました。
相変わらずこの物語好きだなぁ。
いつも借りているのでこの人誰だっけ?と思う人がいっぱいいるけど(フラーとトンクスが思い出せないあせあせ
5巻があまりにも暗くて6巻には手がでませんでした。確かに暗い。5巻に負けず劣らず辛いことがいっぱい。信じたくないこともいっぱい起きる。だけど6巻にはところどころにふっと力を抜かせてくれる場面がいっぱい。あの屋敷しもべのドビーのシーンだったりジニーの明るい行動だったりロンのおかあさんとお父さんの会話だったりいろいろ。「かわいい○○」と一度でも呼んでもらえたらとか思ったりもしました。
私の一番のお気に入りのロンは今回は面白いくらいにおかしくなっててたらーっまた少し大人になってますます好みの男の子になってましたチューリップ

それにしても彼は本当に裏切ったんでしょうか?
7巻で彼がそうしたのには訳があるんだとかかれていたらと思う私は甘いでしょうか?
そう、私は彼もまたお気に入りの登場人物のひとりなのです

どんなに騒いでもあと1巻。待ち遠しいようなまだまだ来ないでと思うようなそんな気持ちでいっぱいです。

読書:(外国) | comments(0) | trackbacks(0) | 

「満潮」

満潮
満潮
M.ウェズレー, 河野 万里子

生きたい?

マチルダは少しづつ準備をしていた。バターとロールパンとブルーチーズと桃とボージョレーを持って彼女は海岸を目指す。満潮のその日。全てを波に任せさえすればマチルダの願いは叶えられるはずだった。傷つき放浪する彼女はひとりの男性と出会う。車のライトで照らされたその顔は母親殺しで警察に追われていた殺人犯だった−

「魂萌え」を思い出させる内容だった。
夫の死後どんどん突きつけられる現実。違うのはラスト。魂萌えでは夫から独立し前を向いて歩いていくのに対し死を選ぶ。

現実−
夫が自分の友人と寝てた
ホモだった
スパイだった
麻薬の密輸をしてた
とか・・・・いろいろ
夫を失いたくなくて娘との浮気を問い詰められなかったマチルダ。
目を瞑っていれば夫を失わずにすむなんて−
どうだろう?
私だったらと考えてみたけれど解らなかった。どっちの気持ちもあることは確かなんだけど。考えたくないって気持が強い・・。

愛してるってなんだろう?

誰にも頼りにされない
物事が自分抜きで進んでいく
邪魔者ではないかって感じる
それならいっそ−
誰かのためにも生きなければいけないっていうのは苦しいかもしれないけれど実はとても幸せなことなんだと思う。

わたしは考える。
深く深く考えてた死。

70歳の作者が描く不安。死。
2人の祖母がずっと頭に居た。
「こんなに長く生きてごめんね」って言った祖母。
こんな言葉は聞きたくない。言わせたくない。祖母にも誰にも。
2人ともから聞いた。聞きたくないのにっ。
もしかすると生きることは彼女たちの望みではないのかもしれない。
だけど私は生きたいと思って欲しい。何かをしたいっと思ってほしい。
わたしに何ができる?
わたしだったらどう思うだろう?

彼女は死を殺人者は生きる道を選んだ。同じ時期に自殺に失敗した二人。
深刻な話なのに動物たちのおかげで明るく日差しの中を歩いているような気持ちで話は進んでいく。あなたからどちらを選びますか?

「私たちはただ一生懸命生きているだけで誰かに生きる勇気を与えている。」そういった石神(容疑者Xの献身)の言葉が胸に刺さる作品だった。

読書:(外国) | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1/1P |