柚子すき毎日

本と雲と雨と柚子と冬がすき。
主に本について書いています。本の内容もところどころでばらしています。
最近パソコンに向えなくてTBのお返しはしばらく出来そうもありません。コメントへの返事も遅れてて。本当にごめんなさい。
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
LATEST ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
Now Reading
Visitor
LINKS
My Blog List
PROFILE
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | 
<< 「14階段」 ◆ 「町長選挙」 >>

「死日記」

死日記
死日記
桂 望実

−子供を授からないのはとても辛い。
 だけど・・・・子供が突然いなくなるのも辛いもんだよ
明るく だけどきっぱりとその人は言った
少年の母陽子はこれから先この気持ちに気づくことがあるだろうか?

少年は中学3年生。
普通の中学生。つい最近父を亡くした。酒を飲むと際限なく暴れる父。ギャンブルが好きで働かない。こいつがいなくなればどんなに幸せだろうと思っていた。そんな父が多額の保険金を残して死んでくれた。やっと母と2人、これからは平和な生活が過ごせると思っていた。なのに−

桜が散り急ぐ春の日に私は話を聴いた
子供の頃のこと。電気を止められたり給食費が払えてなかったり借金取りの相手をしたり。聞いた後何を言ったかは覚えていない。ただ闇夜にうかぶ桜をよく覚えてる、その人のことをもっと知りたいと思った。話してほしいと思った。そうすれば少しでも近づけると
主人公の少年もまた電話を止められたり水道や電気の催促状を受け取ったり
借金取りの相手をしたりする。誕生日に家に帰っても家には誰もいない。冷蔵庫にはチーズ一枚。母はきっと男と出かけてる−
読み終えて思った。私には一生解らない
話してほしいなんて思ってた私がバカだったと
こんなの思い出したくもないと思う。必死で生きてきた人の過去を根掘り葉掘り知りたいと思った自分が恥ずかしかった。何いい気になってたんだろう・・・

少年の周りの人々。少年が出会い話し親しくなった人たちの優しさがそのまま少年の心を現してるように思う。半分しか使ってないノートを探しに焼却炉の横にあるゴミ集積容器をあさる少年を怒るでもなく「探しておいてあげるからと明日おいで」と。表紙に色紙まで張って渡してくれた用務員のおじさん。友人の小野。担任の先生。泣きたくなった

なんで少年はあんな母のもとに生まれなければならなかったの?

母の愛情は怖い。先日読んだ「14階段」の母もそう感じた。私はその愛情を羨ましがってもいる。子供のためならなんでも出来てしまうという親に。だけど・・。
理性と情。
子は親によって大きくかわる
私たちはどんな親になれるだろうか?

戸田の妻の言葉に胸がつまった。「産めない女は罪人なんですよ。昔っから刷り込まれているんです。きっと遺伝子にね」私はいつか自分を赦せるだろ
うか?

親は子が思うよりずっと子を愛してると思う
だけど子も親が思うよりずっと強く親を愛してるんじゃないだろうか?
- | comments(8) | trackbacks(3) | 

スポンサーサイト

- | - | - | 
from uririn  at 2006/07/01 1:39 AM
musagoroさん、こんばんわ。
読み終わってからも、しばらく涙がひきませんでした。
最近の家族間での事件にも心が痛みます。
「家族」というものを改めて考えてしまう、今日このごろです。
では、では。
from musagoro  at 2006/07/01 10:39 AM
ほんとです。
「家族」ってなんなんでしょうね。
from rierie  at 2006/07/10 2:27 PM
はじめまして、書店員をしておりますrierieです。
なんとも辛いお話でした。
フィクションなのにそうは思えない。
今もどこかに小説の少年のような気持ちを抱いた子供がいるかもと思うと
やはり辛いです。
子供を産んで育てるということを
多くの人にその大切さと大変さを知っていただきたく
当店ではおススメしております。
from musagoro  at 2006/07/12 12:54 PM
rierieさん、はじめまして
私もそう思います。uririnさんのブログで紹介されてて・・・この本を読めてよかったなぁと思っています。私には何も出来ないけれど・・・けれどそんな子がいるなら一時でもその事実を忘れ笑っていられるようなそんな人間でありたいと思います。
正直に言えば、育てられないなら生むなっていう考え、私は嫌です。彼は確かにあの母親に苦しめられたけれど生きたことを後悔していないと思うので。
from のーと  at 2007/12/06 9:46 AM
musagoroさん、こんにちは。
私は桂望実さんの『Lady go』を読んでから、この作品を読みました。
まったく違う題名で、読むかどうか少し悩みましたが、
色んな意味で読んで良かったと思いました。
from musagoro  at 2007/12/14 6:36 PM
のーとさんこんにちは。
「Lady go」は読んだ事がないのですが・・・悩んだってことはえっと同じような内容ってことですか?
from のーと  at 2007/12/24 5:15 PM
再び、こんにちは。
『Lady go』は『死日記』とは全く違うタイプの内容です。
自分のことを好きになれない派遣会社勤務の主人公が、ふとしたきっかけでキャバクラ嬢になり、少しずつ成長していく…みたいな簡単に言ったらこんな感じです。
from musagoro  at 2007/12/26 11:08 AM
なるほど。
面白そうですね^^
今度読んでみます♪





トラックバック機能は終了しました。
死日記 桂 望実 2006年 小学館文庫 ★★★★★ 子供は親を信頼し、愛するようにインプットされてこの世に誕生するんです。なのに生れ落ちた家に信頼や愛情がないと――予定外の状況に対応できなくて、困ってしまう。私はそんな風に思っています。子供を苦し
| ほんだらけ | 2006/07/01 1:05 AM |
死日記桂 望実 / 小学館(2006/06/06)Amazonランキング:位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog ある日、小学館の営業の方からTELがあり 「この本、仕掛けてみませんか?」のお話があった。 面白くなけりゃ仕掛けたって売れないんだ
| ★ 風に吹かれて ★ | 2006/07/10 2:34 PM |
死日記 桂 望実 小学館 2006-06-06 恐い本かと思って読んだら、全然違いました。グッと物語にひきつけられる面白いサスペンスであり、そして、泣ける本でした。ひさびさに涙腺をやられました。悲しい物語でした。でも、かなりのオススメ本だなあ、これは。 「
| 本を読んだら・・・by ゆうき | 2006/11/07 12:11 PM |