柚子すき毎日

本と雲と雨と柚子と冬がすき。
主に本について書いています。本の内容もところどころでばらしています。
最近パソコンに向えなくてTBのお返しはしばらく出来そうもありません。コメントへの返事も遅れてて。本当にごめんなさい。
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
LATEST ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
Now Reading
Visitor
LINKS
My Blog List
PROFILE
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | 
<< 「彼女がその名を知らない鳥たち」 ◆ 『大停電の夜に』 >>

「優しい音楽」

優しい音楽
優しい音楽
瀬尾 まいこ

たたたーんたたーん・たたたたたたたーん
彼女のピアノと彼女の母の歌と彼女の父のギターと彼のフルートで奏でた曲
本当に優しい音楽だと思う。「優しい音楽」を読み終えてどんな曲だろうと夫に聴いたらいつも練習してる曲だと教えてくれました。ぴったりだなぁ。あたたかな空気と雰囲気にふんわりと包まれる曲だと思うから。とても幸せな気持ちになれる
出会えた人の数だけいろんなこと知っていくんだろうなぁと思った「優しい音楽」
30万使っちゃえ!と思わず思ったのになんだかね、私まで必死に恋人の奥さんの良さをアピールする応援してた。思わず笑っちゃった。なにしてんだろうなぁって。そんなことしてもなんの特にもならないのに。でも幸せだなぁって思った「タイムラグ」
知らなくても生きていけるしむしろ知らない方が円滑に物事が進むだろう年賀状の礼儀とか大掃除とか初詣の正しいまいり方とか確かにそれってがらくたでみたいなもんなんですよね。でも無駄って幸せなものだよなぁと思ってた私に微笑んでくれた「がらくた効果」

りんご。私は皮ごとがぶりっといく食べ方が一番おいしいと思ってます
「信じられない」という夫に勧めてみました。こういう時うれしいなぁって思います。「優しい音楽」の彼もこんな気持ちだったのかなぁ。わらびもちにふかし芋。スィートポテト、黒豆。どれも食べたい。来年の夏グルグルしなくっちゃおてんき楽しみ

最近みんな帰りは遅いしいろいろあって落ち込んでいたけど幸せな気持ちになれた1冊でした。よしっ今日もがんばるぞよつばのクローバー
読書(さ行):瀬尾 まいこ | comments(0) | trackbacks(2) | 

スポンサーサイト

- | - | - | 





トラックバック機能は終了しました。
優しい音楽 瀬尾 まいこ 2005/4/30 発行 双葉社 P.194 ¥1,260 ★★★★★当然のように手を繋いで、人目さえなければ、タケル君のどこにでも自由にキスができる。そういうことがこんなにも気持ちよいことだとは思いもしなかった。 「こうし
| ほんだらけ | 2007/01/31 1:18 AM |
優しい音楽 この本は「待ち合わせは本屋さんで」のnaruさんにオススメしてもらいました。 ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 タイトルが優しい音楽ですが、連なる優しい文章の瀬尾ワールド全開な本でした。な〜んかほっこりして、読みやすいんですよね
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2007/02/04 12:12 PM |