柚子すき毎日

本と雲と雨と柚子と冬がすき。
主に本について書いています。本の内容もところどころでばらしています。
最近パソコンに向えなくてTBのお返しはしばらく出来そうもありません。コメントへの返事も遅れてて。本当にごめんなさい。
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
LATEST ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
Now Reading
Visitor
LINKS
My Blog List
PROFILE
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | 
<< 「リレキショ」 ◆ ココア >>

「100回泣くこと」

100回泣くこと
100回泣くこと
中村 航

表紙、挿話、それに題からもしかしたら悲しい事が終わるのでは・・?と思わされる。
実家にいる自分が拾って可愛がってた犬のブックの命が危ないというところから話は始まる。ブックを喜ばせるためブックの大好きなバイクを直す。ブックとの別れ?でも表紙にいる抱きしめられてる女の子は?と疑問に思いながら話はゆっくり進む
ススム
ゆっくり淹れられる珈琲、2人だけのライスシャワー、歯ブラシ、クッション、通帳。誰かと生活するちょっとしただけど大切で失いがたい幸せな空間

彼と同じように手も足も出せなくて自分に出来ることを考えても行動しても何も出来ないだろうと思う。彼と同じように悔やんで悔やんで・・・
何かに対し自分は無力だと思った

「健やかなるときも 病めるときも
 喜びのときも 悲しみのときも
 富めるときも 貧しきときも
 これを愛し これを敬い
 これを慰め これを助け
 死が二人を別つまで 共に生きることを誓いますか」

例え結婚してなくても愛するあなたに思うこの言葉
どんなに誓っても無力であることに変わりはないのに
なんで
なんでこんなにも光輝いているんだろう


読書(な行):中村 航 | comments(0) | trackbacks(2) | 

スポンサーサイト

- | - | - | 





http://musagoro.jugem.jp/trackback/340
個人的に「2007年に追いかけたい作家」 の一人である中村航氏の「100回泣くこと」読了しました。 amazonリンク 中村 航 100回泣くこと 出版元 小学館 初版刊行年月 2005/12 著者/編者 中村航 総評 21点
| 流石奇屋〜書評の間 | 2007/01/13 10:15 PM |
100回泣くこと (小学館文庫)クチコミを見る # 出版社: 小学館 (2005/10) # ISBN-13: 978-4093861540 評価:67点 随分と前に出版された本だったのだなあ。 最近の新聞の広告欄を見て、図書館で予約して借りたのだが、なるほどすぐに順番がまわってくるはずだ
| デコ親父はいつも減量中 | 2009/04/19 6:44 PM |