柚子すき毎日

本と雲と雨と柚子と冬がすき。
主に本について書いています。本の内容もところどころでばらしています。
最近パソコンに向えなくてTBのお返しはしばらく出来そうもありません。コメントへの返事も遅れてて。本当にごめんなさい。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
LATEST ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
Now Reading
Visitor
LINKS
My Blog List
PROFILE
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | 
<< 「ぐるぐるまわるすべり台」 ◆ 「まほろ駅前多田便利軒」 >>

「卵の緒」

卵の緒
卵の緒
瀬尾 まいこ

30歳最初の贈り物は神様から
「残念ながら今回も子供は無理だったみたいです」というおしるしでした。
ふざけてる。
何かの未来暗示かと思ったけれど無視することにしました。
妊娠してたらよいなと思い禁酒・禁カフェインを解除することにします。
今日は飲むことにします。

さて、自分は捨て子なんじゃないだろうか?と考えた事がある人は多いはず。と、同時に自分の中にある親の血を恐れている人も多いと思います。「卵の緒」は「血」を題材にした2編が収録されています。今まで読んだ瀬尾さんの作品のイメージが変わりました。どの作品も好きですがこの2作品面白かったです。
どうにも自分が捨て子であったという確信が持てる主人公がへその緒を見せてほしいと頼むとなんと「あなたは卵から生まれたのよ」と卵の殻が入った和菓子の箱を見せられるんです。尚更怪しい、怪しすぎる。母が主人公を愛してるのはとてもわかるしそんなことよりももっと重要なことがいっぱいな小学生でである主人公はとりあえずその問題に蓋をする。母が恋愛をして結婚して子供ができて状況は変わっていくけど母の愛は変わらないし一緒に暮らす人々との生活は優しい「卵の緒」。
2作品目である「7's blood」は「卵の緒」とは逆に「血」が通っているからこそ分かり合えるという話。父が愛人に生ませた子と突然2人暮らしをすることになった高校生の女の子が主人公。
血のつながりがあるから家族だというなら今私が住むここに私の家族はいない。私はこの家で唯一同じ血が通っていないのだから。家族っていうのは何なのか私にはまだわからない。けれどこの家はどこよりも私をいらだたせ安心させてくれてる。

「おいしいものを食べたとき食べさせてあげたいと思える人があなたの好きな人よ」おいしいものを食べると必ず持ち帰ってくる夫。好かれてるんだなぁ、わたし。
読書(さ行):瀬尾 まいこ | comments(4) | trackbacks(6) | 

スポンサーサイト

- | - | - | 
from uririn  at 2006/12/24 2:17 AM
musagooroさん、こんばんわ。
好かれてるのね、本当に(^^)

from musagoro  at 2006/12/24 12:59 PM
えへへ(^^)
from miyukichi  at 2007/02/28 10:00 PM
 こんばんは♪
 ご訪問どうもありがとうございました◎

 musagoroさん、愛されてますねー^^
 ステキです☆
from musagoro  at 2007/03/01 12:25 PM
miyukichiさん、こんにちわ♪
エヘヘ、ありがとう





http://musagoro.jugem.jp/trackback/352
卵の緒 瀬尾 まいこ  189 ★★★★★  【卵の緒】 瀬尾まいこ 著 マガジンハウス 坊ちゃん文学大賞受賞作  瀬尾さんの作品の魅力は、温かい優しい言葉がたくさんちりばめられていることです。言葉の使い方が巧いのです。何気なく日常に使う言葉
| モンガの独り言 読書日記通信 | 2006/12/24 1:31 AM |
卵の緒 瀬尾 まいこ 2002年 マガジンハウス P.191 ★★★★★ 「母さんは、誰よりも育生が好き。それはそれはすごい勢いで、あなたを愛してるの。今までもこれからもずっと変わらずによ。ねえ。他に何がいる? それで十分でしょ?」 〜『卵の緒』より
| ほんだらけ | 2006/12/24 2:10 AM |
話は『卵の緒』と『7’s blood』の二編。 どちらも、瀬尾まいこさんの作品っぽく、 おもしろかった。 そして印象に残った言葉を一つ。 『掴みどころがなくてとても確かなもの。だいたい大切なものはみんなそうだ。』 この言葉が一番印象に残った。 そしてそれを感
| しーら書房+建築な人々。 | 2007/01/04 11:53 AM |
卵の緒 この本は、「眠り猫の憂鬱」のせつらさんにオススメいただきました。ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 瀬尾まいこさんのデビュー作ですよね?たしか。 すんごく良かったです。瀬尾まいこさんはこれが3冊目。家族愛を書かせたら右に出るものは
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2007/01/07 2:31 AM |
 瀬尾まいこ:著 『卵の緒』    第7回坊ちゃん文学賞大賞を受賞したデビュー作「卵の緒」と、  書き下ろしの「7's blood」の2作収載。  「卵の緒」  へその緒ではなく、卵の緒。  つまり、血のつながりのない母さんと僕。  でも、血のつながりがなくても、
| miyukichin’mu*me*mo* | 2007/02/26 10:01 PM |
卵の緒 瀬尾 まいこ この小説は好きだな〜。 すごくあったかい空気が流れてる感じがして、ものすごく気分いい。 瀬尾サンの書くお話はだいたい好きなんだけど、コレものすごく好き。 2作品とも描かれているのは、ちょっと普通とは違う家庭。 言う人に言わ
| 読書三昧 | 2007/08/21 8:28 PM |