柚子すき毎日

本と雲と雨と柚子と冬がすき。
主に本について書いています。本の内容もところどころでばらしています。
最近パソコンに向えなくてTBのお返しはしばらく出来そうもありません。コメントへの返事も遅れてて。本当にごめんなさい。
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
LATEST ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
Now Reading
Visitor
LINKS
My Blog List
PROFILE
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | 
<< 黄色いタータンチェック ◆ もちつき >>

「800」

800
800
川島 誠

速く走る男の人を見ると無条件に惚れてしまう。颯爽と風を切って走っている姿、私には入り込めない場所に行ってる姿にとてもとても惚れ惚れしちゃう。「そのままどこまでも走っていけそうな気がするんだよ」走った姿はみたことなく高校生時代の思い出話を話してくれただけなのにそう話した彼のポイントはかなりアップした(笑)

2人の主人公の話口調で進む「800」陸上しかも「800m」にかける男の子の話。
中学でタバコを卒業したとかアルコールを常飲ってありえないとか思いながら読んでいました。セックス描写も結構描かれてます。大好きな彼女とできずに現実から逃げる男の子とか憧れてしまったもんだから手が出せなくなった男の子とか・・・今ならわかるけどきっと高校生の頃に読んでたら衝撃が強すぎてたかも。だって彼ができないからって他の女とセックスさせるなんて・・・そんな考えの女の人がいるなんて今でさえも衝撃が大きい。
どっちかっていうと感情優先型出たとこ勝負な私は中沢を断然応援していました。平気で女の子とっかえれるくせに2股とか平気なくせに惚れた女に手も出せない(笑)その彼女。誰かの人生変えるくらい魅力的な女に私もなりたいものだなぁ。
読書(か行) | comments(0) | trackbacks(0) | 

スポンサーサイト

- | - | - | 





http://musagoro.jugem.jp/trackback/359