柚子すき毎日

本と雲と雨と柚子と冬がすき。
主に本について書いています。本の内容もところどころでばらしています。
最近パソコンに向えなくてTBのお返しはしばらく出来そうもありません。コメントへの返事も遅れてて。本当にごめんなさい。
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
LATEST ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
Now Reading
Visitor
LINKS
My Blog List
PROFILE
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | 
<< 「僕僕先生」 ◆ ホワイト餃子 >>

「レインツリーの国」

レインツリーの国
レインツリーの国
有川 浩

ブログを始めて
不妊を隠さないようにし始めて
(むしろ不妊なんですよーと言った時の相手の反応を楽しみ始めて)
わたしは、不思議なことに妊娠できた
奇跡

「レインツリーの国」は健聴者の男の子と難聴者の女の子の恋愛話
ある本の感想から始まるラブストーリーは本好きな&夢見がちな私としてはかなり羨ましい内容でした。
ただ、途中で本を閉じました。女の子の悩み=私の悩み=不妊になったから
結構ズタズタな状態だった時期があったので(たかが不妊、されど不妊ですね)

女の子と同じようにすごいなぁと男の子の前向きな性格にうらやんでたので男の子の過去を知ってあっ、と。私も自分を解って解ってばかりで夫を気遣ってなかった事に気づいた事が前向きになるきっかけだったから。
なので正直に言うとわたしは夫には頭があがらないのです
本編でも主人公たちが言ってますが2人で歩いて2人で決めればよかったのに自分ひとりががんばってる気でいた自分がいたから。いろんな人からたくさんの愛情を受けてるのに気づきもせずにね。
正直その頃の自分を思い出して恥ずかしさで本を閉じたんです

難聴者の事をまったく知らなかった私にとってこの本はこういう人もいるんだよって教えてくれました。難聴者だろうが健聴者だろうが一緒なんだって、だけどお互いに解らない、知らない、解ってもらえないで終わらずに思いやれて生きていけることを示してくれた本に思えました。

二塁打ナナ子が実はお気に入りです
あの割り切り、そしてあの恋愛偏差値には憧れます!
「プライド的に許せないんだよきっと。」から続く言葉は槍のように心に飛んできました。かなりの甘えベタなので・・
上手に甘えられる人(&自分の欲求を率直に言える人)に憧れます。日々努力はしてるけどなかなかコレがむつかしい

せっかく胸まで伸ばした髪をまた切りたくなりました。
ベリーショートに^^
読書(あ行):有川 浩 | comments(11) | trackbacks(5) | 

スポンサーサイト

- | - | - | 
from エビノート  at 2007/03/01 10:33 PM
こんばんは!
良いなぁ〜と憧れてしまうような出会いで、素敵な本でしたね。
出会ったあとにお互いのことを理解しあうまでの過程も丁寧に描かれていたところも良かったと思います。
自分のことだけじゃなく、相手のことを思いやる気持ちの大切さを教えられたような気がします。

そして、musagoroさんおめでとうございます!
お体を大切に、元気な赤ちゃんを出産されてくださいね♪
from 藍色  at 2007/03/02 1:28 AM
こんばんは。
ひとみと向き合い、困難を突き破ろうとする伸行の言動が、心に沁みる純愛物語でしたね。
ひとみが自分のことを振り返って気づき、理解しようという姿勢に変わっていったのが、よかったです。
上手に甘えられる人、憧れますよね〜。

ご懐妊、おめでとうございます。
命を育めるよろこび…。
お体を大切に。ゆったりとした気持ちで、日々を過ごされてくださいね。
from 藍色  at 2007/03/02 2:55 AM
忘れてました(恥)。
最近読んだ有川さんの『クジラの彼』
活字でベタ甘ラブロマの恋愛作品集で、だいぶ感じが違いますけど、おすすめです。
よかったら、読まれてみてください(記事あります)。
from musagoro  at 2007/03/02 5:11 PM
エビノートさん、こんにちわ☆
おっしゃるとおり相手の心を思いやれる大切さ気づかされました。そうでありたいと思いながらもなかなか出来ない事だから尚更心に沁みたのかも。

えへへ、それと、ありがとう。
オメデトウって言葉とても嬉しいです。
from musagoro  at 2007/03/02 5:16 PM
藍色さん、こんにちわ
『クジラの彼』読んでみますね。あと、記事も後で見に行きます☆
ふふ、藍色さんも「上手に甘えられる人」に憧れるんですか?ふふ〜一緒ですね!甘えられる人を一緒に目指しましょう☆
それと、どうもありがとうございます☆えへへ〜なんか照れます
お腹の子も生きたいと思ってくれてるみたいなんで私もしっかりサポートしなきゃって思います。
from モンガ  at 2007/03/03 7:12 PM
musagoroさん、こんばんは。
おめでとうございます。
お互いがお互いを見詰め合う、相手を思いやる。
良い話でした。
from musagoro  at 2007/03/04 9:34 AM
モンガさん、こんばんわ
それと、ありがとう♪
うん!良い話でした!
from たまねぎ  at 2007/03/06 11:21 PM
ヨーイの記事を読んで言葉を探していたのですが、なんと、そうでいらっしゃいましたか。おめでとうございます。
そうそうあんことヨーグルト、美味しかったです。
from musagoro  at 2007/03/07 7:02 PM
たまねぎさん、どうもありがとう^^
言葉を探させてしまってごめんなさい。その気持ちも嬉しいです。
あんこヨーグルトを試してくれたんですか?ふふ〜うれしー


from プリン  at 2007/05/01 10:06 PM
musagoroさん、こんばんは〜☆

わたしも二塁打ななこお気に入りですo(^-^)o
月9好きの有川さんらしいナイスな表現ですね〜

わたしも恋愛に限らず、自分の意見なんかをはっきり言えるというか、ななこみたいに自分は自分。みたいな生き方が出来る人に憧れます。
でも現実世界でななこをやると、いじめにあったりしそうで怖い…
from musagoro  at 2007/05/08 9:56 AM
プリンさん、こんにちは〜☆
でしょー?2塁打ななこ、いいですよね〜
いじめ、そうですかー?そうかー・・言われてみたらそうかもなぁ





http://musagoro.jugem.jp/trackback/394
レインツリーの国 ≪内容≫ きっかけは「忘れられない本」そこから始まったメールの交換。 あなたを想う。 心が揺れる。 でも、会うことはできません。 ごめんなさい。 かたくなに会うのを拒む彼女には、ある理由があった―。 青春恋愛小説に、新スタンダード
| まったり読書日記 | 2007/03/01 10:21 PM |
装幀は新潮社装幀室のはず。なぜかすべて横文字で、photograph by Takashi Otaka.design by Shinchosha Book Design Divisionとなっています。雰囲気作り?書き下ろし。 関西出身で東京の会社へ就職して3年の向坂伸行は、中
| 粋な提案 | 2007/03/02 1:28 AM |
レインツリーの国 有川 浩  07−41 ★★★☆☆  【レインツリーの国】 有川 浩 著  新潮社  《メールから始まる恋愛、でも……》  内容(「BOOK」データベースより) きっかけは「忘れられない本」そこから始まったメールの交換。あなたを想う
| モンガの独り言 読書日記通信 | 2007/03/03 12:17 PM |
『図書館内乱』の中で登場し、ひとつの鍵ともなった一冊の本『レインツリーの国』を実際に出版させたというのがこの本になります。 図書館内乱の中で登場した図書特殊部隊堂上班の一人小牧と、彼のお姫さまである毬江との関係を準えた作品で、聴覚障害の女性との恋愛を
| 今更なんですがの本の話 | 2007/03/06 11:04 PM |
昨日紹介した『図書館内乱』の中に登場する『レインツリーの国』をすかさず読んでみました 『図書館内乱』の中で、この『レインツリーの国』という本は、 図書館の人間が、 聴覚障害の女の子に、聴覚障害者がヒロインの本を奨めたということで、問題になる。 という事
| プリン@BOOK CAFE | 2007/05/01 10:08 PM |