柚子すき毎日

本と雲と雨と柚子と冬がすき。
主に本について書いています。本の内容もところどころでばらしています。
最近パソコンに向えなくてTBのお返しはしばらく出来そうもありません。コメントへの返事も遅れてて。本当にごめんなさい。
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
LATEST ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
Now Reading
Visitor
LINKS
My Blog List
PROFILE
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | 
<< 「毛布おばけと金曜日の階段」 ◆ 「一瞬の風になれ-ドン−」 >>

「クジラの彼」

クジラの彼
クジラの彼
有川 浩

「恋人に素直に甘える」ことが不得意な私が素直になるためのちょっとしたスパイス
それがベタ甘なラブロマ本
「クジラの彼」はその筆頭をいきそうです

話は全部で6つ
共通点はどちらか、もしくはどっちもが自衛隊のラブロマンス。しかもかなり甘い!
有川さんの数々の本のおかげで勝手に身近になった自衛隊。
恋愛するのってめちゃくちゃ難しいんですね。
だからこそこういったキャーって嬉しくなっちゃうようなロマンスがあるのかなぁ。

「空の中」の高巳にノックアウトされた身としては続編ともいえる「ファイターパイロットの君」が一番好きって言いたいんですが「クジラの彼」の冬原にノックアウトされました。普段饒舌な人ってメール短い人多いんだなぁと思うと安心したし。ふふ。

さて、そんな私。「有能な彼女」の望くらい付き合うとなるとかなり面倒〜〜〜な女でして・・・。望が一瞬自分に見えたくらいです。夏木が何故望みがその言葉で突然不機嫌になるかわからんっていう「言葉尻を深く考え込んでケンカする」なんて日常。私の場合突然だんまりになることもあるんでもっと面倒かも。ケンカになればいいほうっていう夏木の考えには賛成です。

で、「脱柵エナジー」ですよ。彼女に会いたいと言われて隊を脱走するんだけど待ち合わせ場所には彼女はいないんですね〜。彼女行ってやれよ。というか行けよ。私ならいくぞ。(過去によく似た経験あり)

全編を通して女の子よく泣きますね〜
ちょっと羨ましい
小学2年の子にオセロで負けて泣いたりとか小泉元総理の演説で泣いたりとかはあってもここで泣いたらかわいいだろうってとこで泣けない自分が悔しい
かわいいって思ってもらいたいって思ってる時点でダメなのか・・・
読書(あ行):有川 浩 | comments(14) | trackbacks(10) | 

スポンサーサイト

- | - | - | 
from なお  at 2007/04/04 12:20 PM
はじめまして。
「ほんぶろ」から来ました、なおと申します。
たくさん読まれてますね!あとプロフィール拝見したんですが多趣味のようで楽しそうですね^^
ものを伝えるのが苦手だと書かれていますが、これだけ書けたら大丈夫ですよ!私なんて。。。もうなんていうかすっごいヘタなんです!
もしよかったら遊びにきてください♪
from ちきちき  at 2007/04/04 9:52 PM
こんばんは。
はじめまして。同じ時期に読んだようなのでTBさせていただきました♪

甘くってちょっと背中がむずがゆくなりそうな話が並びましたが、読んでるときは全然気にせず読めました。こうやって感想とか書こうと思い返すとちょっぴりこっぱずかしい感じ…

あ、私も柚子好きです。
from エビノート  at 2007/04/04 10:36 PM
こんばんは!
読んでると照れてしまいそうな、ラブロマでしたが、
楽しかったです♪
「クジラの彼」にノックアウトですよ〜もう。
キャーキャー心の中で叫びながら読みました。
from 藍色  at 2007/04/05 1:18 AM
musagoroさん、こんばんは。
一途な恋愛の様子、かわいかったですね。
有川さんの本読んでると、自衛隊って勝手に身近になった気がしますよね〜(笑)。
高巳から冬原にスイッチされたのですね。
私はどちらか、迷ってます(笑)。
from musagoro  at 2007/04/06 10:49 PM
なおさん、こんばんは☆
こちらこそふつつかものですがよろしくお願いいたします♪
いやいや先日遊びにいかせてもらいましたがお上手でしたよ。羨ましいです!
私なんてまだまだなんです〜。ほめていただいてホントありがとう!
from musagoro  at 2007/04/06 10:51 PM
ちきちきさん、こんばんは☆
おぉ〜同じ頃に読まれたんですか?奇遇ですね!
後で早速遊びに行かせてください♪
柚子図好きですか?えへへ〜うれし〜仲間〜♪
from musagoro  at 2007/04/06 10:53 PM
エビノートさんも?
やっぱり?「クジラの彼」最っ高ですよね!
キャーキャー思っちゃいますよねー♪
わたしは思わず本を抱きしめました(笑)
from musagoro  at 2007/04/06 10:56 PM
あはは☆
藍色さん、欲張りだー
でも、その気持ちわかりますよー♪
私ももう一度「空の中」読んだらまた高巳に戻りそうな気もしますもん。でも!でも!とうとう「海の底」借りれたんです!やったー!

from たまねぎ  at 2007/04/07 1:30 AM
musagoroさんこんばんは。ベタ甘でしたね。
でもmusagoroさんの感想からも甘い感じが伝わってきましたよ。
from musagoro  at 2007/04/11 10:09 AM
たまねぎさん、こんにちは☆
返事がす〜っかり遅くなってごめんなさい!
そ、そうですか?甘い感じ?
のた打ち回ってる感じを書いたつもりだったんですが・・・
from プリン  at 2007/05/22 7:46 PM
musagoroさん、こんばんはーo(^-^)o
読みましたよー 甘甘短篇集(笑)
『空の中』も今日借りてきたので、みなさんがメロメロの高巳がどれほどにかっこいいのか、今から楽しみです♪
from musagoro  at 2007/05/25 1:06 AM
プリンさん、こんばんは☆
返事が遅くなってごめんなさい!
ふふ、プリンさんも高巳のとりこになる?楽しみ♪
from じゃじゃまま  at 2008/02/08 4:45 PM
「脱柵エナジー」、私も行きますよ〜。(笑)
会いたい、会おう!ってなったら約束だもん、行かなくちゃまずいですよね〜。「これから行くよ」って言われてビビッたら、その時点で私なら「あ、やっぱ、いいや」って断りますね。すっぽかしなんてありえないです。

冬原はいいですね、顔もよし。気遣いよくて、その上一途なら、文句なし!
from musagoro  at 2008/02/15 7:09 PM
ほんと!文句なしですね!!
そうして私もたぶん「やっぱりいいや」っていいます^^
すっぽかせない(笑)





http://musagoro.jugem.jp/trackback/410
「沈む」んじゃなくて「潜る」。潜水艦とクジラと同じだから。 人数あわせのために合コンに呼ばれた聡子。そこで出会った冬原は潜水艦乗りだった。いつ出かけてしまうか、いつ帰ってくるのかわからない。そんな彼とのレンアイには、いつも大きな海が横たわる。恋愛小説
| ぼちぼち | 2007/04/04 9:53 PM |
クジラの彼有川 浩 角川書店 2007-02売り上げランキング : 392おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 「沈む」んじゃなくて「潜る」。 潜水艦とクジラと同じだから。 人数あわせのために合コンに呼ばれた聡子。 そこで出会った冬原は潜水艦乗りだっ
| まったり読書日記 | 2007/04/04 10:32 PM |
イラストは徒花スクモ。装丁は片岡忠彦。野性時代2005年7月号から2007年1月号まで不定期掲載をまとめた短編集。 有川さんが得意で本領を発揮する自衛隊に、有川さんが好きな活字特有の胸キュンからアプローチ。自衛
| 粋な提案 | 2007/04/05 1:19 AM |
クジラの彼 有川 浩 2007/1/25発行 角川書店 P.241 ¥1,470 ★★★★★  一度連絡が取れなくなったが最後、次に会えるのはいつなのか分からないのがデフォルトだ。しかも最短一ヶ月から。二ヶ月、三ヶ月が当たり前の世界である。……  こ
| ほんだらけ | 2007/04/05 1:37 AM |
有川さんの『クジラの彼』です。この本は図書館シリーズ以前に書かれた有川さんの作品『空の中』と『海の底』の番外編などを収めた短篇集になります。 その事を自分でも重々承知していたにもかかわらず、上記2作品を読む前に手にとってしまいました。我慢できなかった
| 今更なんですがの本の話 | 2007/04/07 1:15 AM |
クジラの彼有川 浩 (2007/02)角川書店 この商品の詳細を見る 「クジラの彼」 人数合わせで顔を出した合コンで、聡子は冬原と出会い付き合うことになる。 だが潜水艦乗りの冬原とは、まともな連絡が取れない遠距離恋愛だった。
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/05/04 5:45 PM |
みんな大好き有川 浩の『クジラの彼』です みなさんのこの本の記事を読んで、勝手に クジラの『波』 だと思ってました クジラときたら、波 でしょう… 一話目を読んでいてやっと誤りに気付きました… この本は、『海の底』や『空の中』の登場人物の「恋愛その後
| プリン@BOOK CAFE | 2007/05/22 7:47 PM |
クジラの彼 出版社: 角川書店 (2007/02) ISBN-10: 4048737430 評価:82点 自衛官の恋愛小説なんて初めて読んだ。 しかも甘甘のベタベタ。著者もあとがきでそれを認めているが、相当に甘い。 読みながら、少女マンガを思い出した。 現代のようにヤオイに向っ
| デコ親父はいつも減量中 | 2007/11/20 12:24 AM |
もうデレッデレ。こんな男性いますかね~~~~~??どうでしょう、男性陣? こんなクッサイセリフ、言ってる人いるかな~?? ま、ハッピーエンドは嫌いじゃないから、これでいいんだけどね。 そっかそっか、「クジラの彼」は冬原ね。そんなことはとっくにいろんなブログで
| じゃじゃままブックレビュー | 2008/02/08 4:39 PM |
いい年した大人が活字でベタ甘ラブロマ好きで何が悪い! って、有川さんがおっしゃってるけど… それを好きで読んでる、50過ぎのオレはいったいどうすりゃいいんだい [:ムニョムニョ:]   まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブログランキング
| じゅずじの旦那 | 2008/07/13 1:26 PM |