柚子すき毎日

本と雲と雨と柚子と冬がすき。
主に本について書いています。本の内容もところどころでばらしています。
最近パソコンに向えなくてTBのお返しはしばらく出来そうもありません。コメントへの返事も遅れてて。本当にごめんなさい。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
LATEST ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
Now Reading
Visitor
LINKS
My Blog List
PROFILE
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | 
<< 「海の底」 ◆ おしらせ >>

「家日和」

家日和
家日和
奥田 英朗

主に家で生活する人たちを描いた6つのドラマ
途中で本を閉じたくなった「サニーデイ」はネットオークションに味を占め夫が大切にしていたであろう年代物のギターを売ってしまい更には夫が老後の楽しみにしているレコード・プレーヤーまでオークションにかけてしまうというお話。
そうなんです、この「家日和」に描かれてるドラマってもしかしたら自分もそうしてしまうかもって思っちゃう話ばかり。
もちろん奥田さんらしく最後はくすっと笑えてちょっぴり幸せな気持ちになれました。

会社が倒産して主婦をしていた妻とサラリーマンをしていた夫の立場が変わった話「ここが青山」もとってもおもしろかったです。本人は気にしてないのに周りの人が勝手に不憫がってたりする辺りとか(笑)

そしてそんな中で羨ましかった話が「妻と玄米御飯」
妻がロハスにはまってくって話で最後には少し違った笑いが起こるドラマです。
玄米御飯、ぷちぷちしておいしいんですがうちの家族はだーれも食べてくれません。みんな白米。野菜が好きで野菜料理を続けると本中に出てくる子供よろしく「肉」合唱が起こります。なのでこの話のように妻が食事の好みを押し切れる家庭に憧れたりもします。

さて、自分の部屋って持ってますか?
どうしても自分の部屋が欲しいという夫の希望を叶えて早7ヶ月
奴が掃除をした姿を見たことがありません。一応その部屋をたまには私も利用するのでとにかく埃だけは取りにいっているものの日に日にたまっていく洗濯物とゴミ・・・、あぁ!このままでは義弟や義母の部屋と同じ状態に・・・・
とにかく物が増えたり実用的でないものがあまり好きではない私としては「家においでよ」の主人公の部屋はとっても理想的。(キッチン周りはちょっと賛成できないけど)ホームシアターはいらないけど本棚いいなぁ。家族共有の本&CD棚を2階の廊下に置きたいものです。で、階段に腰掛けて本を読んで家全体にごくごく小さいボリュームで音楽が流れてて・・・たまに珈琲の香りがふわわ〜んと・・・うっとり
読書(あ行):奥田 英朗 | comments(9) | trackbacks(8) | 

スポンサーサイト

- | - | - | 
from 藍色  at 2007/04/28 2:02 AM
musagoroさん、こんばんは。
奥田さんらしい、明るいホームドラマでしたね。
「家においでよ」が、うらやましかったです。
2階ありの一戸建てにお住まいなのですね。いいなぁ〜。
私は集合住宅なので。
静かな音楽と珈琲の香り……いいですよね。
妄想してうっとりでした(笑)。
from musagoro  at 2007/04/29 8:48 PM
藍色さん、こんばんは☆
ふふ〜いいでしょ〜
でも、同居ですけどね〜
珈琲と静かな音楽・・・いいでしょー?
われながらまたうっとりしそうです^^
from エビノート  at 2007/05/08 10:05 PM
こんばんは!
旦那さまのお部屋があるんですね〜
ちゃんと掃除しないと、
取り上げちゃうよ〜
子ども部屋にしちゃうよ〜
と言ってみたら、
整理整頓してくださるのでは?
なんて(笑)
「家においでよ」はほんと羨ましかったです。
独身の私は、もっと部屋にこだわれるはずなのに、
現実は・・・なかなかなので。
from musagoro  at 2007/05/09 11:29 AM
おぉ!「子供部屋にしちゃうぞ」これぜひ使わせてイタダキマス☆効果ありそう。いい案ありがと!
アハハ、私も確かに現実は・・・。私の場合は彼くらいお金あればなぁーと・・・
from kaorihonoka  at 2007/07/21 1:23 PM
(* '-')ノ ハジメマシテ☆ 「酔芙蓉に恋をして」のkaorihonokaと申します^^ 
ご報告遅くなりましたが、勝手ながらTBをさせていただきました。お返しのTB、どうもありがとうございます。
どの物語にも、ちっちゃな愛がなぜかとっても温かくて読み心地のよいものばかりでした^^
最終話の妻と玄米御飯は、格別笑えましたね。
私は玄米でも白米でも何でも好きですが、特別ロハスを意識せずとも、皮ごといただいたり旬の野菜をたっぷり食べるのも好きです。勿論、お肉も大好き★
妻が、咀嚼しながら空を見つめ、どこかの世界へ入ってしまっているような雰囲気…、なんとなく宗教感が漂うあたりの描写もすごく現代的な感じで伝わってきました。
滑稽ながらも、どこかに哀愁と愛を感じさせる奥田さんの家日和、すごく楽しかったです♪
from musagoro  at 2007/07/24 2:46 AM
kaorihonokaさん、はじめまして♪
ようこそ〜
私も皮ごと食べる野菜、好きです。特に新ジャガイモ。最高です♪もちろん私も肉魚大好きです♪
家日和面白かったですよね〜☆。改めて「咀嚼しながら・・・」の文章を読んで吹き出してしまいました(笑)
もしかしたら夫の目には私もこのように映ってる時があるのかもしれません(笑)
from じゃじゃまま  at 2007/08/28 5:13 PM
珈琲の香り・・・いいですね〜!
ソファにもたれながら、ホームシアターもあり、好きな本を読みながらのんびりしたいです。でもソファ・・・我が家にもありますが、ゆったりと、というよりいつも寝転んでます。
「妻と玄米御飯」はちょっと私は好きじゃないんですけど、でもその話にも似てる自分がいたり、共感できたり、とリラックスして読めました。
from musagoro  at 2007/08/29 1:54 PM
じゃじゃままさん、こんにちは
我が家のソファもそんな感じです。
またよく眠れるんですよね〜これが(笑)
奥田さんの作品はリラックスして読めますよね♪
from musagoro  at 2007/08/29 1:54 PM
じゃじゃままさん、こんにちは
我が家のソファもそんな感じです。
またよく眠れるんですよね〜これが(笑)
奥田さんの作品はリラックスして読めますよね♪





http://musagoro.jugem.jp/trackback/420
装丁は大久保伸子。写真は本城直季。 「小説すばる」2004年9月号から2006年12月号までの不定期掲載に加筆修正した短編集。 1997年「ウランバーナの森」で作家デビュー。02年「邪魔」で大薮春彦賞、04年「空中
| 粋な提案 | 2007/04/28 2:03 AM |
「家日和 (集英社)奥田英朗」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =2007年4月28日収集分= ...
| 本の口コミ情報:ブログでbook! | 2007/04/29 1:33 PM |
奥田英朗 2007/4/10発行 集英社 P.235 ¥1,470 ★★★★★ この子たちを産んでよかった。考えてみれば、ずっと家族からしあわせをもらっていた。…… 紀子は何度も花に目をやり、その都度「ありがとうね」と言った。 このしあわせな気持ち
| ほんだらけ | 2007/04/30 12:58 AM |
家日和奥田 英朗 集英社 2007-04売り上げランキング : 277おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ ネットオークションにはまる専業主婦。 会社が倒産し、主夫となる営業マン。 夫と妻。 ちょっとずれていて、でも愛情がないわけでなく…。 ずっと外
| まったり読書日記 | 2007/05/08 9:57 PM |
家日和 出版社: 集英社 (2007/04) ISBN-10: 4087748529 評価:80点 ドキドキハラハラ感はないけれど、最後まで安心して読ませてくれる。 それでいて決して飽きさせない見事な筆力。 さすが奥田英朗だ。 安心させて飽きさせないって、たぶん結構難しいんだ
| デコ親父はいつも減量中 | 2007/07/01 12:26 PM |
奥田 英朗 家日和 ちょっと前まで、小説と言えば推理小説オンリー。 読みやすく、ドキドキとハラハラが味わえるもの。 シリーズ物では、事件解決後は必ず、 定番のほんわか癒し部分が施されていて、 それでほんのり和みタイムを味わったものだ。 小説
| 酔芙蓉に恋をして | 2007/07/16 12:39 AM |
おお~~。さくさく読めて、なんてリラックスできたのでしょう。 奥田氏ってミステリからいつの間にやらコメディというかユーモア小説が多くなってきて、好きだな~。いちいち、その一言が面白いんだよ、とプッと吹き出してしまう。よく人間観察してるよね。 「サニーデイ
| じゃじゃままブックレビュー | 2007/08/28 5:10 PM |
家日和奥田 英朗集英社このアイテムの詳細を見る 今回は、奥田英朗『家日和』を紹介します。本書は家庭にフォーカスを当てた短編集です。何かあるあると思わず言ってしまうようなものばかりですね。全体的に女性に優しい感じがしますね。一番良かったものは妻と玄米御
| itchy1976の日記 | 2009/11/03 12:30 AM |