柚子すき毎日

本と雲と雨と柚子と冬がすき。
主に本について書いています。本の内容もところどころでばらしています。
最近パソコンに向えなくてTBのお返しはしばらく出来そうもありません。コメントへの返事も遅れてて。本当にごめんなさい。
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
LATEST ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
Now Reading
Visitor
LINKS
My Blog List
PROFILE
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | 
<< ワックスがけ ◆ 「都の子」 >>

「鴨川ホルモー」

鴨川ホルモー
鴨川ホルモー
万城目 学

かなりばかばかしい内容なんですがこれまた面白い!
まずは「ホルモー」とはなんぞや?ここから話が始まります〜

「一緒にENJOYしませんか? 京大青竜会」
葵祭の帰りに誘われたサークル案内。実はこれが巧妙に仕掛けられたホルモーへの罠。ホルモーとは負けるとかなり恥ずかしいスポーツ。「鴨川ホルモー」はまんまと罠にひっかっかった主人公の話。題名である「鴨川ホルモー」には大きな秘密が隠されているんですがそれはまぁ読んでみてください♪

先に本をあまり読まない夫が手にとって夢中になって(寝るのも惜しんで)読んでいました。(それから感想を早く言いたいのか「読んだ?読んだ?」とちょっとうるさかった。でも実は嬉しいんですけど。エヘ)夫がいうには学生時代に馬鹿な事をしてきてよかったー☆と思えた作品らしい。吉田神社でのあの踊り!あとがきを読むと実際著者はしたんじゃないか・・・と思わせられましたけど・・。今は便利な時代であの歌がわからなくても検索すれば聞ける!
・・・・聞きました。あはは☆これはしばらく経った今でも耳に残ってるー。ヤメテー

この歌の前はどんな歌だったんだろう?
そして「ホルモー」と叫んだ芦屋へのちょっとしたペナルティーは?
自分が実は凡ちゃんと呼ばれていたことを知ったときの楠木さんの反応は?
高村は彼女の「ホルモー」を聞く羽目になると思うんですがそこでの対応は?
安部君も繰り返されるなら芦屋も?
読み終わった後夫と話し合った物語のその後。

どうしようもない主人公安部君のちょっとした成長。オニが川を泳ぐ場面がこれからの季節と重なってばかばかしい時間っていいかもって思えた作品でした。今日はちょうど5月15日。今年もオニたちは合う人を見つけてその後ろでくるくる踊ってるのかなぁ。
読書(ま行) | comments(8) | trackbacks(4) | 

スポンサーサイト

- | - | - | 
from やぎっちょ  at 2007/05/15 9:13 PM
わーい!読んだタイミングが同じだぁ〜♪
なんかそれがうれしくってコメントしちゃいました♪♪
from なお  at 2007/05/16 10:09 AM
これおもしろいらしいですね!
鹿男も気になります。。。
図書館で予約しようかな。
from musagoro  at 2007/05/16 12:21 PM
え〜?ほんと?うれしー☆
早速やっぎちょさんとこに行こっと♪
from musagoro  at 2007/05/16 12:22 PM
なおさん、面白いですよー^^
かなりばかばしくって♪
鹿男予約しましたよー。うふふ。
早くしないといっぱいになっちゃうよ〜
from たまねぎ  at 2007/05/20 1:54 AM
ホルモーってなんじゃーですよね
続きはあるらしいです
気になるあれこれが出てくるといいですね
from musagoro  at 2007/05/25 1:03 AM
たまねぎさん、こんばんは☆
返事が遅れちゃってごめんなさい!
つ、続きがですか?
うれしー♪
from 藍色  at 2007/05/27 1:51 AM
musagoroさん、こんばんは。
ごぶさたしちゃいました〜。
おおっ!ご亭主さんが夢中になって読まれたのですね!。
ご夫婦で物語のその後の話し合いができる…理想です。
万城目さんの新刊、「鹿男あをによし」もおすすめですよ。
from musagoro  at 2007/05/30 9:51 AM
おひさしぶりです〜☆
そうなんです!夫が最近本を読んでくれて嬉しいんですよ〜
今は「嗤う伊右衛門」を最近読み終わり早く読めとせがまれてます。こ、こわそう
そうそう、「鹿男あをよし」が新聞で紹介されてて面白そうだなぁと検索したら「ホルモー」の人だって知りこの本を借りたんですよ。うふふ、楽しみです♪
藍色さんは読まれたんですね。読み終わったら感想聞きにいきますね〜





http://musagoro.jugem.jp/trackback/427
鴨川ホルモー ■やぎっちょ書評 穏やかな冬晴れの日でも、岩倉からやってきたバスの屋根には雪が積もっているという。 これね、実話です。 なにせ、昔昔は岩倉が職場でしたからね〜。鴨川の朝を三条から出町柳まで歩いて、そこからバスや叡山電車に乗って通勤したも
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2007/05/15 9:12 PM |
プリンさんがこのタイトルをコメントに書き残していかれた時、真っ先にホルモー?ホルモーって何じゃ?と疑問に思ったのですが、そのホルモーというのがやっぱりこの作品の肝になります。 じゃあホルモーとは何かと言うと、それはやっぱりご自分でお確かめ下さい。
| 今更なんですがの本の話 | 2007/05/20 12:06 AM |
イラストレーションは石居麻耶。デザインは岩瀬聡。 第4回ボイルドエッグズ新人賞受賞の本書で作家デビュー。 主人公で語り手の俺:安倍は二浪の京大新入生でさだまさしマニア。葵祭のバイト帰りに知り合った高村と怪しげな
| 粋な提案 | 2007/05/27 1:52 AM |
★★★★★
| 自由の森学園図書館の本棚 | 2008/11/24 11:04 PM |