柚子すき毎日

本と雲と雨と柚子と冬がすき。
主に本について書いています。本の内容もところどころでばらしています。
最近パソコンに向えなくてTBのお返しはしばらく出来そうもありません。コメントへの返事も遅れてて。本当にごめんなさい。
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
LATEST ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
Now Reading
Visitor
LINKS
My Blog List
PROFILE
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | 
<< 「絶対、最強の恋のうた」 ◆ 6月読み終えた本♪ >>

「鹿男あをによし」

鹿男あをによし
鹿男あをによし
万城目 学

ファブリーズやリセッシュがもう20年早く発売されてたらなぁ
これらの商品のCMを見るたびにそう思うのです
たぶんそう思ってる人って絶対多いと思う
とくに
剣道部だった人

剣道にいそしむ主人公たちを応援しながらあのカビの巣窟の中へ手を入れなくてもいいんだろうなぁとまったく関係ないことを考えてました。この話は地球を守るべく立ち上がった勇気とロマンのファンタジー(?)です
剣道経験者なので試合風景が手に取るようにわかってかなり楽しく懐かしい1冊になったのですが(引き面とか面・篭手・面とかつばぜり合いとか)剣道を知らない人だとどうだったんだろう?
「袴と胴着が白が強そうに見える」←これあたってるんですよね〜。しんどかった。わたしたちは袴+胴着+垂れ+面+篭手(要は胴以外)全て真っ白。勝手に勘違いされるんですよね(笑)特に地方の大会では負けるわけにはいきませんでした(笑)あの稽古・・・思い出しただけで寒気がします(ブルブル)

さて話の方ですが精神衰弱な主人公が奈良のある高校の常勤講師となるところから話は始まります。常勤講師!友達が英語の常勤講師をしているんですが話を聴いていると感心してしまいます。私ならこれだけで胃に穴があくと思いますもん。で、ですね奈良には鹿がいるわけなんですが彼は鹿に話しかけられるんですよね(笑)でもコレはきっと妄想に違いないって鹿の言う事を信じない主人公にムカついた鹿は徐々に主人公を鹿に変えてしまう印をつける。やっと信じた彼だけど信じたら信じたらでやっぱり信じたくない事がいっぱいあって・・・ものすごくスケールのでかい話になってました。思わずなるほど〜と。

すぐに本に影響されるわたしは京都に行きたい!から奈良へ行きたい!に変更になりました(笑)そうかー奈良の鹿はお辞儀するのかー。賢いな。

そういえば私は農家の出なので米1粒に神様が宿ると言われて育ちました。お釜に残ったお米1粒でさえ捨てられません。これって普通だと思っていたけど世の中にはあまったお米捨てる人いるんですね。
親の教育がよかったのか悪かったのか世の中の全てには神様がおられると教え込まれているのでいい行いも悪い行いもいつも見られてる気がして(笑)
皆さんはどんな神様信じてますか?



読書(ま行) | comments(10) | trackbacks(6) | 

スポンサーサイト

- | - | - | 
from プリン  at 2007/07/04 7:42 PM
わたしは木の神様は信じてるかも… バリバリ伐採してるのを見かけると、「ひ〜、怒られるよ、天誅だよ」と密かにビビってますね。あと古い家の蔵とか(笑)

わたしもこの本予約中です♪でも実は『鴨川ホルモー』を挫折した人なんですよねー^_^; 大丈夫かなー
from エビノート  at 2007/07/04 8:44 PM
私もすぐ影響されちゃうので、奈良に行きたくてしょうがありません(^_^;)
鹿に話しかけてみたくなりますよね。
剣道はやったことないんですが、剣道の試合を見たことがあるのでイメージしやすかったです。
そうそう、白の胴着と袴は強そうに見えるんですよね〜
そんで、襷?の色が汗でにじんでるのを見ると、おお〜練習しまくってるんだなぁ、スゴイなぁ〜と思うんです。
from musagoro  at 2007/07/05 4:12 AM
プリンさん、こんにちは☆
木が切られてるのを見ると「天誅だよ・・」とか言ってるプリンさん思い出しそう。
「ホルモー」程はちゃめちゃじゃなかったからたぶん大丈夫だと思いますよ〜^^私は逆にもうちょいっって思ったくらい。プリンさんの感想楽しみにしてます!
from musagoro  at 2007/07/05 4:15 AM
あは☆
エビノートさん一緒だ♪
そうそう、鹿に話しかけてみたい。^^
剣道をした事なくても見た事ある人っていっぱいですもんね。確かにそうだ。
from やぎっちょ  at 2007/07/06 12:03 AM
musagoroさん
こんばんは〜♪TBすみません。直リンク貼りましたよー。
musagoroさんは剣道をされていたのですか!今日桜庭一樹さんのことを調べてみたら極真空手初段とかでビックリ!(って全然関係ないですが)
あちきは子供の頃から「六三四の剣」(マンガ)を読んでいたのでめっぽうよくわかりましたよ。剣道は中学の体育の授業でしかやったことないけど。。
せっかく神戸に越してきたのに、あまりに居心地が良すぎて他県はおろか他市にすら行く気が起こりません〜♪
from musagoro  at 2007/07/06 6:47 AM
あはは☆やぎっちょさん神戸そんなに居心地いいですか?
行ってみたいかも〜。実は神戸っておしゃれなイメージがあって近づきがたかったんですが・・・^^;
中学で剣道の授業があったんですか?おぉ!私たちの学校は男子剣道女子なんとか体操だったんでなかったんですよ〜。
from 藍色  at 2007/07/19 11:47 AM
こんにちは。
musagoroさんは剣道経験者だったんですね。
私は完全なインドア文科系クラブでしたから、試合風景は想像で補いました。
父はサラリーマンの出なのですが、お米1粒の大切さ、教えられました。
お子様にもエッセンスを伝えておくと、お年寄りから重宝されるかも(笑)。
トラバしました。
from musagoro  at 2007/07/20 1:29 PM
そうなんですよ〜
すっごく練習がきつくて二度とあの時代には戻りたくない!
よく耐えたなぁと自分で自分をほめてしまいます。
インドア文科系。美術部とかですか?(美術部にも茶道部にも華道部にも入りたかった)
子供にとくと教えるようにします(笑)
from たまねぎ  at 2007/07/29 11:06 AM
中学の体育で剣道は必修でした。でも毎年冬だったので、匂いよりも打ち合いで防具を外した時の痛さが辛かったです。ジャージですし、自分も含め大半が素人でしたから。
米一粒に七人の神様。よく子供のころに怒られました。フジロック楽しんできてください。暑いですからお気をつけて。
from musagoro  at 2007/07/31 7:59 AM
素人相手だと痛いでしょうね・・・力任せの場合が多そう。私も先輩の体によーく痣を増やしてました・・・
フジロック楽しんできましたよ〜^^
早くも来年に向けて対策本部を設置しました♪





トラックバック機能は終了しました。
鹿男あをによし万城目 学 幻冬舎 2007-04売り上げランキング : 648おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 「さあ、神無月だ――出番だよ、先生」。 二学期限定で奈良の女子高に赴任した「おれ」。 ちょっぴり神経質な彼に下された、空前絶後の救国
| まったり読書日記 | 2007/07/04 8:39 PM |
鹿男あをによし ■やぎっちょ書評 かりんとう買ったよ。セブンイレブンで。かりんとう兄弟! 鹿化ね〜。なったね〜子供の頃。何せ周囲は普通の顔に見えているし、当時はデジカメもプリクラもなかったし、しかも子供だからどうしていいかわかんなくて困った困った。こ
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2007/07/05 11:59 PM |
鹿男あをによし 万城目 学 2007/4/10発行 P.394 ¥1,575 ★★★★★  確かにおれはこの奈良という土地のことをほとんど知らない。知っていることといったら、せいぜい寺と大仏と鹿がいることぐらいだ。ひょっとしたら、おれが知らないだけ
| ほんだらけ | 2007/07/17 11:08 PM |
イラストレーションは石居麻耶。デザインは岩瀬聡。書き下ろし。 主人公で語り手の28歳の「おれ」は、教授の勧めに従って大学の研究室から2学期限定で奈良女学館に赴任。でも鹿のおかげで「おれ」の奈良ライフは波瀾に満ちた日
| 粋な提案 | 2007/07/19 11:48 AM |
まさかこんなに早く直木賞候補に挙がってくるとは思わなかった万城目さんの『鹿男あをによし』です。 前作『鴨川ホルモー』と同じく、意味も分からず不条理に巻き込まれた青年が、その中で七転八倒するうちに人間的成長を遂げる話になります。もちろん神仏や怪異の存在
| 今更なんですがの本の話 | 2007/07/29 10:59 AM |
鹿男あをによし 出版社: 幻冬舎 (2007/04) ISBN-10: 434401314X 評価:90点 (ネタバレあります) 1800年間、恋する力が人類を守るのだ。 鹿と鼠がしゃべって、地面の下にはナマズがいる。 主人公の顔は次第に鹿の顔になっていき、マドンナは鼠の顔をして
| デコ親父はいつも減量中 | 2007/10/02 11:31 PM |